必須アミノ酸について

本物のサモア天然ノニジュースはアミノ酸が豊富!
アミノ酸はからだの基本です!

たんぱく質は、「アミノ酸」から作られていることをご存知ですか。 人間の身体を作るタンパク質は、いくつものアミノ酸が集まってできています。

脳、内臓、骨、そして神経に関係するものやホルモン、血液など、人間のからだを構成するすべての部品はアミノ酸からできてます。それら、アミノ酸は人間のからだを作る材料といえます。

人が食事で、タンパク質を必要とするのは、タンパク質がアミノ酸の塊だからです。 消化する過程で、タンパク質は1つ1つのアミノ酸へ分解され、そして、体内へ吸収されていきます。

意外なことに人の身体を作るアミノ酸は、たった20種類しかありません。 人の身体には、様々な働きがあるのですが、それらは全て20種類のアミノ酸の組合せから生まれくるのです。

体力に関するアミノ酸、エネルギーに関するアミノ酸、身体をつくるアミノ酸、はっきりに働きかる関するアミノ酸、そして抵抗力に関するアミノ酸です。

人間は、からだに必要なアミノ酸があってはじめて成り立っているのです。 さて、アミノ酸には、必須アミノ酸と呼ばれる人体に絶対必要なアミノ酸が存在します。

それらは、リジン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、スレオニン(トレオニン)、トリプトファンとよばれる8種類のアミノ酸で、私たちのからだの中で合成されません。

つまり、この8種類の必須アミノ酸だけは、どうしても食べ物から補うしかなく、また1種類でも欠けると、からだに大変な問題を起こすことが知られています。

必須アミノ酸は、人間の場合、上記の8種類にひとつプラスして全部で9種類になります。これは、動物により、必須アミノ酸の数が違ってくるからです。

上に記載されていない、9番目の必須アミノ酸を、「ヒスチジン」といいます。 この「ヒスチジン」は体内で作られるのですが、急激に発育をする幼児の食事に欠かせません。

そのため、1985年から、この「ヒスチジン」も必要なアミノ酸として加わるようになり、合計9種類が必須アミノ酸と呼ばれているのです。なお、この必須アミノ酸に対して、体内で合成されるアミノ酸は非必須アミノ酸と呼ばれます。

人のからだのタンパク質は、毎日、分解されたり合成されたりして新陳代謝を繰り返しています。これは、古い細胞が自己崩壊で分解されて消滅し、新しい細胞がつくられるという生命のいとなみのことです。

新陳代謝のサイクルは、普通50日から60日のあいだに行われ、なんと、からだのタンパク質の半分が、あたらしく生まれ変わるといわれています。 約2ヶ月で、からだの細胞タンパクの半分が新品になるのです。

とくに悩みが深い方は、食事による栄養にかたよって、からだの細胞を新しくしたり、免疫細胞を作るのに必要な必須アミノ酸の補給が、足りなくなっているのです。

お医者さんは医学のプロであって、栄養学のプロではありません。 常日ごろからバランスのいい栄養を摂取するように気をつけなければなりません。

20種類の組み合わせで、人の体をつくってしまうアミノ酸。 それぞれのはたらきの紹介。

必須アミノ酸
(身体の中で合成されません。食物からバランスよく摂取する必要があります。)

○リジン(必須アミノ酸)

からだの組織の修復や成長、抗体、ホルモン、酵素の合成、 ブドウ糖の代謝や肝機能の増強、脂肪の燃焼に関わっています。 ウイルスのはたらきを抑制する効果があります。また、

穀類だけを多くとっていると不足する場合があります。

○フェニルアラニン(必須アミノ酸)

脳と神経細胞の間で信号を伝達する、神経伝達物質になる 必須アミノ酸で、抑うつ症状を解消し、気分を高揚してくれます。

○ロイシン(必須アミノ酸)

肝機能の増強が主な作用です。

多くの食品に含まれているので不足することはまれです。 筋肉タンパク質の主成分となります。

○イソロイシン(必須アミノ酸)

神経の働きを助けたり、血管や肝臓、筋肉などに働きかけます。

多くのアミノ酸は肝臓で代謝されますが、バリン、ロイシン、 イソロイシンの3つは、筋肉の中で代謝されます。

エネルギー補給の強い味方です。

○メチオニン(必須アミノ酸)

不足すると肥満の原因になります。血液中のコレステロール値を下げたり、活性酸素を取り除く作用があります。

○バリン(必須アミノ酸)

血液中の窒素バランスを調整したり、筋肉や肝臓に働きかけます。多くのアミノ酸は肝臓で代謝されますが、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つは筋肉の中で代謝されます。エネルギー源の強い味方です。

○スレオニン(必須アミノ酸)

成長促進や、肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝になるのを防ぐ 作用がありします。

スレオニンは食品から摂取しなければならない必須アミノ酸の一つで、必須アミノ酸の中で一番最後に発見された成分です。

○トリプトファン(必須アミノ酸)

脳内ホルモンのセロトニンやメラトニンを増やしたり、 成長ホルモンを促します。

○ヒスチジン(必須アミノ酸)

成長にとても関与したアミノ酸です。神経機能の補助、 紫外線の害を防ぎます。また、

赤血球、白血球の形成に欠かせません。

非必須アミノ酸(体内で合成されます。)

○アルギニン

脳下垂体に働きかけて成長ホルモンの分泌を促します。 成長ホルモンが不足すると肌にシワができたり、 筋肉が衰えたりします。

血行促進、免疫機能の向上、肝機能増強、脂肪の燃焼 などの作用もあります。

○グルタミン

筋肉のたんぱく質合成を助けたり、潰瘍の治癒を早めたりします。

○プロリン

脂肪の燃焼に関わっています。

○グリシン

他のアミノ酸の合成を助け、ヘモグロビンなどの材料になります。 保湿作用、制菌作用、酸化防止作用があります。

○グルタミン酸

知能を高める、潰瘍の治癒を早めるなど。

○アスパラギン酸

体内の老廃物の処理、肝機能の促進、 疲労回復に効果があります。

○システイン

傷の治癒の促進、ブドウ糖の代謝、シミの原因となる メラニン色素の沈着を防ぎます。

○チロシン

甲状腺ホルモンや、皮膚や髪の黒色色素であるメラニンの 原料、神経伝達物質であるアドレナリン、ノルエピネフリン、 ドーバーミンの原料となります。

○セリン

皮膚の潤いを保つ天然保湿因子の主成分です。

○アラニン

脂肪の燃焼に関わっています。また、免疫系をつくりだすのに重要です。

天然ノニ発酵エキスはアミノ酸類がすべて含まれています。